社名

合資会社グリニッシュ

代表者

代表社員 吉田愛一郎

創業

平成7年

資本金

10万円

営業種目

ミント・しいたけの生産販売

本社 〒157-0066

東京都世田谷区成城6-16-25

営業所 〒409-1501

山梨県北杜市大泉町西井出8240-2542


所有ハーブ園一覧

〒409-1502

山梨県北杜市大泉町谷戸3041

〒367-0213

埼玉県本庄市児玉町秋山2510-1

〒362-0059

埼玉県上尾市平方883

埼玉県上尾市平方884


会社法人等番号商号本店公告をする方法会社設立年月日目的発行可能株式総数発行済み株式の総数並びに種類・数株式を発行する旨の定め資本金株式の譲渡制限に関する規定
0109-01-016032
株式会社グリニッシュ
東京都世田谷区成城6-16-25
東京都内において発行する日本経済新聞に掲載
昭和47年4/5
  • 1.損害保険代理業/自動車損害賠償法に基づく保険代理業
  • 2.演劇・スポーツ興行の企画
  • 新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・映画等の広告代理業
  • 民芸品・家具・皮革製品の輸出入販売
  • 生命保険の募集に関する業務
  • 前各号に付帯する一切の業務
4万8千株
4万8千株
棟会社の株式については、株券を発行する(平成17年法律第87号第136条の規定により平成18年5/1登記)
金2400万円
当会社の株式を譲渡するには、取締役会の承認を受けなければならない。

 

 グリニッシュはイタリアのフランフェラーロの提唱のエコロジー運動でありアウトドアグッズのブランドです。その収益はケニアの野生動物保護レンジャーの支援に使われたり、ナイロビ郊外の孤児院や職業訓練校、競走馬の余生を送る牧場建設と運営に役立っています。

Nearly a half century †ago, a strange company was rose in Tokyo Japan.
Qute while ago before you began to †called it as †CSR or †FAIR TRAD, the company
called Greenish was already importing †tea and coffee directly from African farmers with
qute fair price, and was helping †to build an orphanage,shelters fand a school at there.
If you have a chance to visit Dagoretti in Narobi Kenya, you will find a little plate †written as Greenish 
house in front of one of the orpanage houses in Dagoretti Children Center runs by FTC (Feed The Children).

 
 
あれは多分、皆さんがCSR とか フェアートレードとか言い出す前のこどだったと思います。
その会社は今、皆さんがグリニッシュと呼んでくださっている会社なのです。
グリニッシュは紅茶やコーヒーを東アフリカから輸入して孤児院や子供たちのためのシェルター、それに
学校を作る手伝いをしました。もし皆さんが、ケニアナイロビにあるダゴレッティを訪ねる機会がありましたら、
FTCが運営しているダゴレッティ チルドレンセンターにある 孤児院の一つの門前にGreenish House の記念碑を
見ることが出来るでしょう。


Founded his own company in 1974 calling it CHILD, an acronym of the names of his children, Chiara, Ilaria and Davide all working togheter.
The first years were spent chiefly manufacturing the lines of some famous French couturiers and he also cooperated with top designers in Italy and U.S.A.
He then decided in 1976 to design and produce his own line of ready-to-wear "Franco Ferraro".
In 1996 he signed an agreement with Itokin, a giant in Japan for fashion, opening 31 "Franco Ferraro" boutiques in the main cities.
In 2000 he designed the new uniforms for Saudi Arabian Airlines.
That which has always characterized Franco Ferraro's collection, and which has been appreciated by his international clientele, is the careful search for particular cloths, always in natural and precious fibres, interpreted with exquisite details and hand finish.
These textiles are often studied and created exclusively for customers. They 're the real inspiration behind the "Franco Ferraro" ready-to-wear trademark, whether in ladies or menswear.
Today he exports more than ninety percent of his production to Japan, China, Europe, middle east and U.S.A.

 
1979年 米国の名門 Hyde Athletic のアジアにおける代表となる。その後HYDE社がサッカニー社を買収したことでサッカニーのデザイニング、製造、販売を手がけ、その後の有名ブランドのための企業活動のきっかけとなる。

吉田愛一郎Daniel A.Yoshida